[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

「ディスク上のサイズ」が0のファイルは何か?





エクスプローラでファイルのサイズを確認すると「ディスク上のサイズ」が0になっている場合があります。
実際にはサイズは 0 ではありません。

ディスク上のサイズが0バイトの不思議なファイル



Windows 10 (Windows 8以後) でこのような現象が発生します。
次のような原因が考えられます。

(1)小さいのでMFT (Master File Table) 内に収まる
NTFSはMFTというレコードの集合で管理されています。MFTにより各ファイルがどのクラスタに書き込まれているか管理されています。この中にはファイルの情報が含まれるが、小さいファイルは内容がMFTの中に書き込まれクラスタには書き込まれません。これで高速アクセスが可能な他、小さな虫食いファイルがディスクに書き込まれることによるフラグメント、性能劣化も防ぐことができます。

MFT内に収まるファイルはディスク(クラスタ)には書き込まれれないためサイズが0となります。(厳密にいうと、MFTもディスクに書き込まれるのだから「ディスク上のサイズが0」は正しくないかもしれないません。正しくは「クラスタ上のサイズが0」です。)

実験した結果 境界は580バイトだったり700バイトだったりしました。明確な閾値はないかもしれません。
ちなみに一度大きくしたファイル(1500バイトとか)はその後小さくしてもMFT内には収まりませんでした。


(*)Windows Server の場合は「重複削除機能」によりディスク上のサイズが 0 になる場合があります。(ただし30日間ファイルへの書き込みがないなど)



スポンサーリンク




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]