[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

excelファイルにパスワードを付けるには (読み込み/書き込み)




excelファイルにパスワードを付けるには以下の手順に従います。

Excelにパスワードを付ける手順


(1)メニューより「メニュー」を選択します。
(2)「ブックの保護」を選択します。



(3)「パスワードを使用して暗号化」を選択します。



(4)パスワードを入力します。



(*)確認のため、同じパスワードを2回入力します。

以下の通りパスワードの設定には注意してください。
忘れてしまったパスワードを回復することはできません。パスワードとそれに対するドキュメント名を一覧にして、安全な場所に保管することをお勧めします。(パスワードは大文字と小文字が区別されることに注意してください)



以上によりExcel へのパスワード設定は成功です。
次回このファイルを開くときに以下のパスワード入力を求めるダイアログが表示されます。

Excelでパスワード入力を要求



解除する


パスワードを解除するには空白のパスワード(パスワードを入力しない)を設定します。これでパスワードが解除されます。

空のパスワードでExcelパスワードを解除する



(*)参考まで、Office 2003など Windows XP時代の古いExcelでは以下のようにパスワードを付けることが可能でした。
(1)ファイル保存のダイアログを表示します。
(2)「ツール」「全般オプション」を選択します。
(3)「読み取りパスワード」あるいは「書き込みパスワード」を設定します。

参考:
Excel のパスワード保護を無効化する




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]