[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

タスクマネージャーのプロセスの種類の見方を理解する





目的


タスクマネージャーで表示されるプロセスには何通りかに分類することができます。主に以下の5通りに分類することができます。

・通常のプロセス。
・RuntimeBroker経由(おもにUWPベース)
・Windows サービス関連のプロセス
・サービスホストに管理されているサービスベースのプロセス
・システムのプロセス

このページではこれらプロセスの意味、およびどのように表示されるかを説明します。


Runtime Broker



タスクマネージャー内のRuntime Broker



おそらくRuntime Brokerベースで動作するUWPアプリです。

例えば Cortana は以下のように表示されます。Runtime Brockerベースで動作していると思われます。
Cortana
Cortana
Runtime Brocker

この場合は tasklist.exe コマンドではRuntime Brockerのプロセスのみ表示されてCortanaは表示されません。

参考:
RuntimeBroker.exeとは


Runtime Brokerが表示されない


Runtime Brokerが表示されず、"xxxxx"というサービス名が表示されている場合はプロパティでそのサービスの実態の exe ファイルが表示されます。
その配下には対応するサービス名が表示されます。

サービス名が表示されるタスクマネージャー内のプロセス



サービスホスト


サービスホストとして実行されているサービスが表示されます。サービスホストではリソース節約の観点より複数のサービスが同一サービスホスト下で動作しています。

参考:
サービスホストとは何かを理解する

タスクマネージャー内のサービスホスト



配下に表示されない


配下に何も表示されない場合はシステムの割り込み、デスクトップマネージャーなどのシステムにとって重要なプロセスと思われます。
以下の例では"システムの割り込み"が表示されています。

タスクマネージャー内のシステムプロセス








(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]