[トップページへ] [Windows 10 FAQ 一覧に戻る]

対象:Windows 10

"暗号化をサポートしていない宛先に、ファイルをコピーします" でファイルコピーに失敗する場合の対処





現象


エクスプローラでファイルをコピーしようとしたとき、以下のエラーで失敗する場合があります。


暗号化をサポートしていない宛先に、ファイルをコピーします





原因


以下のような原因が考えられます。

(1)コピー先フォルダが暗号化されている
例えばネットワーク経由でファイルをコピーする場合、コピー先のフォルダが EFSで暗号化されている可能性があります。

この場合は以下のような対策が考えられます。
・一時的に相手のフォルダのEFS暗号化をオフにする。
・コピーの方向を変更する(相手先から自分へコピーする)
・USBデバイスへのコピーの場合、エクスプローラではなく、USBデバイスに添付していた専用の暗号ツールを使用してコピーする。


(2)コピー元フォルダが暗号化されている
コピー元のファイルがNTFS暗号化されているが、コピー先では暗号化がオフになっている場合が考えられます。
これは "暗号化をサポートしていない宛先に、ファイルをコピーします"は"コピーにより暗号が解除されることの警告"という意味となります。

この場合は以下のような対策が考えられます。
・コピーするファイルのEFS暗号化を一時的に解除する。コピー終了後に再度EFS暗号化する。


まとめ


この原因は「暗号化されている」「暗号化されていない」フォルダ間でのコピーで発生する場合が多いようです。対策は一時的に暗号化をオフにすることですが、コピーが終了したら元の暗号化に戻しておく必要があります
ただし Bitlocker 暗号化の場合は透過的に暗号化されるはずなのでこの現象は発生しないはずです。

参考:
Btlocker と efs 暗号化の違いを比較表で説明
Bitlockerによる暗号化の利点は何か。EFSとBitlockerの違いは




(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。 本ページは独自に調査をしたアンオフィシャル(非公式)な内容です。内容に誤りがあったり、仕様変更により内容が変わる可能性があります。 本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)


Copyright(c) TOOLJP.COM 1999-2018

[Windows 10 FAQ 一覧に戻る]